スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2ブログランキング FC2ブログランキングに参加しています!
面白かったり、気に入っていただけたら押して下さい!

第22話 弟

扉から現れたのはあまりに意外な人物だった。
それはハンゾウ、ウコン、ゲンナイの3人。
「どういう事だ?」
この以外な展開にまっさきに口を開いたのはもちろんバロックだった。
ロココはハンゾウの姿を久しぶりに見たことで、ほんの少し気をゆるませる。
ハンゾウ達に続いて、三長老が姿を現す。
バロックは脇目もふらず三長老のもとへ歩み寄る。
「お前達が俺の弟や、沢山の人々を………!」
バロックが三長老に襲いかからんとする!
フロアの中のエボリューターが今残らず動き始めたそのとき……
三長老の1人が口を開いた。
「すまなかった、バロック」
その声は低く、それほど大きな声ではなかったが、全員の耳に届いていた。
そして、今まさにそこで繰り広げられるはずだった血みどろの大乱戦にストップをかける。
「…………そ、それですまそうというのか!?」
バロックは当然それで気が収まるはずはない。
「バロック、お前達が例の病院の火災に不振を抱き、
 ここに辿り着いたのは、さっきまでのパイロンとのやり取りでわかった、
 そして、パイロンに指示し、あの火災を起こさせたのも、
 確かに我々だ」
「ふん、開き直ったか!」
「しかし、あの火災に被害者はいなかったのだ」
三長老のこのことばはあまりにも説得力がなかった。
「どういうことだ!?確かに80名にのぼる死傷者がいたはずだ!」
「すべては、我々が操作した情報なのじゃ、
 最初から一般市民を巻き込むつもりなどなかったのじゃ、
 炎を操れるパイロンがいれば、どんな火災でも
 それぐらいは可能なのじゃ」
「………!!!それを信じろというのか!!
 それが本当だとしても何のためにそんなことを!?」
三長老の話していることはロココ達にとっても理解しがたいことだった。
どうやら、自分達には知らされていない、真実がある。
それだけは確かなことだった。




「ロココ、お前達はモーラという生き物に会ったことはあるか?」
三長老が口にしたのはあまりに以外な名前だった。
「………ある」
「うむ、その時モーラはなんと言っておった?」
「………地上という世界、そして俺達は進化の過程にうまれた突然変異だということ…」
「………そうか………
 我々は…ロココ、お前の持つチカラ、潜在能力に並々ならぬ期待をしている、
 その理由については、これから話すが、
 モーラもどうやら同じように、お前に何かを感じ、
 そして、お前達が目指すべき道を示したんじゃろう。
 全てを話そうとしなかったのは、
 お前達自身のチカラでそこに辿り着かせ、さらなる成長を望んだからじゃろう。」
三長老は代わる代わる話しを続ける。
しかし、
「いいかげんにしろ!!それとさっきの話とどう関係があるんだ!!!」
しびれを切らしたバロックがどなりちらした。
「すまんの、バロック、少し長い話になるのじゃ、
 辛抱して聞いてほしい、
 10数年前、我々は産まれたばかりの赤子から、
 その者がエボリューターであるかどうか、
 どれほどの能力をひめているかどうかを知る術を手に入れた、
 それは、バロック達とロココ達が産まれた時期の間のことだろう」
「そうだ、俺やバロックが産まれた時にはそんな技術はなかった」
三長老の話に興味を持ち始めたロミオが口をはさんだ。
「うむ、そうじゃ、
 まずは、そうまでしてその存在を把握する必要があった
 お前達エボリューターという存在について話さねばなるまい。
 ロココ、モーラは一つお前達に嘘をついた、
 エボリューターは突然変異などではない、
 人によって遺伝子操作され作られた超能力者なのじゃ」
「……………」
ロココは黙って話を聞いている。
「恐らくはこれから話す地上という場所に直接関わる話だったからじゃろう、
 とにかくじゃ、ここが地上という世界のはるか地底に存在するのは事実じゃ、
 そして、何らかの理由で人間は地上に住むことができなくなり、
 この世界を作り、移り住むことになった、
 その際に、地底にこの世界を築くにあたり、
 当時まだ悪辣だった地底の環境下でも充分に活動できる
 強靭な肉体をもった人間が造り出された。
 それがお前達エボリューターの始まりじゃ。
 その後完成したシティに通常の人間が移り住み、
 エボリューター達の遺伝子は低い確立で、隔世しながら受け継がれ
 現在にいたるのじゃ」
少し考え込んでいたロココが口を開く。
「もしかしてモーラは…エボリューター?」
ロココの言葉に三長老は驚く。
「!…よくそこまでわかったな…
 その通りじゃ、モーラは体こそモグラではあるが、
 人間の知能を持ち合わせておる。
 つまり人間の体を用いずに最初に実験体として作られた、
 エボリューター第1号じゃ。
 そして、彼女はこのアルカディアシティが誕生してから今まで、
 全てを見続けてきた。
 ある日ワシらはモーラから、こんな話を聞いた。
 地上で何か不穏な動きがある…と。
 ワシらはこのシティができたときに、全てを統治するものとして
 アンデッドという不死のスキルを持って生み出された、
 エボリューターじゃ。
 しかし、わしらは地上を知らない。
 モーラのように地中を自由に動き回るような能力はないからの。
 ながきに渡ってこのシティを統治し、
 身近にエボリューター達を置いたのには、ある一つの使命のためじゃった。
 それは、地上を再生させる強力なチカラを持ったエボリューターを
 見つけること…
 エボリューターを造り出した科学者達は、その能力が、
 遺伝し、さらなる能力を開花させていくことに目をつけたのじゃ。
 もちろん自分達も、その能力を持ったエボリューターを
 生み出すべく、研究は続いたのじゃが………」
三長老はここまで話すと言葉をつまらせた。
「その研究が思いもよらぬ事態を引き起こした…」
ついさっきまで怒りに震えていたバロックも、
ロンの死に我を失いつつあったロココも、
いつの間にかこの三長老の話の虜になっていた。
「我々の想像を絶するエボリューターを生み出してしまったのじゃ…
 もちろん、それの能力は我々が求めていたものではなく、
 そして、そのエボリューターはまた、邪悪な心を持って産まれてしまった」
バロック達は息をのんだ。
「そいつのスキルはなんだ?」
「………わからん、しかし、
 強力なチカラの持ち主であることは間違いない。
 恐らく地上に残った人間はそいつ1人に全滅させられた。
 この事件が起ったのは、ちょうどバロック達が産まれた頃じゃ」
「そのエボリューターの名は『ユニオン』という」
ここにきて初めてハンゾウが口を開いた。
「ハンゾウ達3人には、その地上を探るという、
 危険な任務を与えておったんじゃ」
「ユニオンによる支配は、地上とこのシティの関係を一転させた。
 ユニオンがいるのが地上である以上、このシティの命運はユニオンが握っている。
 ヤツがその気になれば、この世界はいつでも地の底に沈む。
 そして、ユニオンが求めたものもやはり、地上再生能力だった。
 ユニオンはその強大なチカラをもって地上の支配者になろうとしている。
 それをより効率的に探し出すために例の、
 産まれたばかりの赤子から能力をはかる技術が我々にもたらされた。
 そして………
 その運命の子ともいうべき、非常に強い能力を指し示す赤子は、
 そう待たずして誕生した」
バロックの頭の中のバラバラに散らばっていたパズルが今一つになった。
「あの火災はその事実を地上に隠すために起こした
 隠蔽工作だということか。
 ならば俺の弟は今どこにいる!?
 お前達の話が本当なら、姿を消した俺の弟こそ、
 その『運命の子』ということになるぞ!」
「バロックよ、そのとおりじゃ、
 もし、地上にその子を引渡せば、どうなるか、
 ワシらは、この都市は…用済みじゃ。
 ワシらはこの都市を守るため………
 その子供を…殺すことにしたのじゃ……」
「!!!!!!!!!?」
バロックの思考は崩壊寸前だった。
失い、そして生きているといわれ、そしてまた失った…
「う、う、う、おおお…」
両手で頭を抱え悶絶するバロック。
「バロックよ、聞くのだ、最後まで!
 ワシらはあやまちを置かした、
 大勢の命を救うためだからといって、
 生まれたての小さな命を奪っていいわけなどなかった。
 この間違った任務をワシらはパイロンに与えたのじゃが…」
バロックの鋭い視線の先でパイロンが話し始める。
「………………………………できなかった」
バロックの目はさらなる説明を求める。
「私は任務を当たり前のごとく遂行するつもりだった、
 しかし、見てしまった、ひと目、その赤子を………
 その子は炎に包まれる病院の中で泣いていた、
 その身を抱くと、あまりにも軽い、
 人に抱かれたことがわかったのか、
 熱さから逃れるためか、
 私のムネに顔を埋めた………
 私は何も考えず、その子を抱いたまま走り出していた……
 そしてある孤児院の前にその子を残した、
 一つだけ、『昨年産まれた子として育てるように』と手紙を残し」
それは万が一にも地上がその子に辿り着かなくさせるための
パイロンの咄嗟の判断だった。
「本当に生きているのか?」
バロックは再び三長老に詰め寄る。
「生きている、そして
 今………この部屋にいる…………」
「!!!!!」
バロックはその部屋にいる人間を慌てたように見回す。
弟なんだ!男!俺よりも5歳位年下だ!バロックの脳は必死で弟を探そうとする。
そして一つのキーワードに辿り着いた。
……………アクセレイション!……………
バロックの視界にはロココの姿がある。
「……………そうじゃ、バロック、お前の弟はロココじゃ」
驚きはロココも同じだった。
「俺に………兄弟が………」
ハンゾウがウコンをチラリと見ると、
ウコンは優しげな笑みを浮かべてロココを見ていた。
バロックはフラフラと足をまるで引きずるように、
ゆっくりと、ただまっすぐにロココのもとに歩いていく。
今だ戸惑いを隠せずにいるロココの前に立つと、
その両肩を震える手で、しかし強くつかみ。
「………よくぞ………よくぞ生きて………」
そこまで言葉にしたところで、バロックは崩れるように膝をつくと、
ひと目をおしまずに涙を流した。
それは、恋人のエイプリルも、幼なじみのロミオを初めて見る、
バロックの涙だった。
スポンサーサイト
FC2ブログランキング FC2ブログランキングに参加しています!
面白かったり、気に入っていただけたら押して下さい!

テーマ : 創作・オリジナル ジャンル : アニメ・コミック

第21話 真実の扉

ロココの耳には多分何も聞こえてはいなかっただろう。
その視界にも、敵であるバロックの姿以外は見えていなかったかもしれない。
恐らくロンの一件で逆上しているロココは目の前の敵を叩くことしかもう頭にないのだ。
対するバロックは逆に驚くほどに冷静に現状を見ている。
対照的な心境にある、同じスキルを持つ2人。
その戦いはほとんど互角、しかし、それを目で追うことはもはや不可能で、
エイプリル達も、遅れてその場に現れたナナシも2人が残す
帯のような残像が無数に走る様を、ただ、見ているだけだった。
が、呆然と2人の戦いに目を奪われていたナナシのサーチが
強力な何かが凄い早さで近づいてくるのを察知する。
ガオオオオオオオオオオオ!!!
それは獣のような雄叫びとともにその場に現れた。
「遅くなったな!助太刀に来たぜ!バロック!!」
ロミオであった。
「きさま!!トノとサコンをどうした!!!!」
仲間を失ったロココは、トノとサコンと戦っていたはずの敵が
ここに現れたことに、更なる怒りを覚える。
「ふん、あいつらにゃ手こずったぜ、
 なんせデレクワンまで出てきやがったからな、
 まあ、死んじゃいないぜ、当分動けやしないだろうけどな」
この強力な仲間の登場で圧倒的に有利にたったバロック達。
「もう勝ち目はないぞ、黙って引き下がった方が身のためだ」
バロックはロココに言い放つ。
「そうとも言い切れないぞ、バロック」
「何!?」
声の主はロココではない。
それはさっき、バロックがパイロンを仕留めた際にできた外壁の穴の外から聞こえた。
「まさか…!?」
バロックの不安は的中する。
その風穴の外に炎に身を包んだパイロンが姿を現した。
「さっきのは効いたぞ、バロック」
そういうとパイロンは再びその部屋に舞い降りた。
「ロココ、わたしはプリズマ達と同じく、三長老に仕えるものだ
 お前の敵ではない、今はそれ以上話している時間はない」
「…………………………」
ロココは何も言わない。
ただ、今、そのフロアには
現ポリス最強の男であるロココ、
三長老直属のエボリューターと名乗るパイロン、
エボルターズのリーダーであるバロック、
そしてそのナンバー2であるロミオ、
恐らくこのシティで最強の4人が揃っているのである。
まさに一触即発の状態である。
そして、そのはりつめた空気をさくように
三長老がいるであろう部屋の扉が開いた。
FC2ブログランキング FC2ブログランキングに参加しています!
面白かったり、気に入っていただけたら押して下さい!

テーマ : 創作・オリジナル ジャンル : アニメ・コミック

第20話 仇

「ゲルトは今どこに」
ロココの目は怒りに震えていた。
「すまない…………わからない」
ナナシの答え。
「なんでサーチがあんのに、たった1人のエボリューターが見つけらんないんだ!!!!!!!」
今まで聞いたこともないような怒りに満ちたロココの声だった。
「だ、だって…………ごめん………ロココ………」
ナナシは声をつまらせる。
「ロココ!ナナシにあたらないで!!!」
クララがロココを禁める。
ロココは拳を握りしめ、体を震わせる。
「……………すまない、ゲルトが…………敵ならば
 この上に…いる連中が何か…知っているかも………
 今は上を……目指そう………」
ロココの言葉にナナシは黙ってうなずいた。
クララは、
「……………私はここに残る、ロンをこのまま1人には………できない」
「……………わかった」

ロココとナナシが去り、
静寂の中にクララとロンが残された。
「ごめんなさい、ロン、私……………わたし……」
クララのすすり泣く声が止まることはなかった。




パイロンの攻撃に包まれるエイプリルとコハル。
エイプリルのミラーではパイロンの炎を防ぎきれないと悟ったコハルは
最後の手段をとった。
自分達を真空で包んだのだ。
間一髪炎による攻撃を防いだ2人ではあるが、
その体は自ら作った真空状態に耐えることができない。
苦痛に顔をゆがませながらエイプリルはバロックを見ている。
その手は真空の中炎を失い実体化したパイロンを抱きしめていた。
「早く!!バロック!!!!」
「!!!!!」
バロックは仲間が決死の思いで作ったチャンスを無駄にするような男ではない。
次の瞬間、パイロンの顔には、最大に加速されたバロックの拳がめり込んでいた。
ズッガアアアアアアアアアアアン!!!!!
パイロンの体は凄まじい勢いではじけ飛び、
タワーの外装をも打ち破り地上へと落下していった。
「はあ、はあ、はあ、…………やったぞ…………」
バロックは弟の仇をとった。
エイプリルとコハルはその身にダメージを負ってはいたが、
自分の足で歩ける程度のものだった。
「これで、終わりではない」
バロックの言葉に2人はうなずく。
パイロンがこの部屋に現れた場所には巨大なドアがある。
三長老はあそこにいる。
バロックがそのドアに向かって歩き出したその時、
一筋の閃光がバロックをはじき飛ばした。
それは、その一回だけでは止まらず、
続けざまにバロックの体をまるでピンボールのようにはじき上げてゆく。
不意をつかれたバロックが何とかその攻撃をかわし、反撃の体制をとる。
攻撃をしていたのはロココ。
「2人とも下がっていろ!」
バロックがエイプリルとコハルに指示をだす。
アクセレイションを持つ2人が今初めて対峙する。
FC2ブログランキング FC2ブログランキングに参加しています!
面白かったり、気に入っていただけたら押して下さい!

テーマ : 創作・オリジナル ジャンル : アニメ・コミック

第19話 ロン

クララ達がロココ達の元に辿り着いた時、
ロココは自分のヒザの上に横たわるロンを抱えて言葉にならない叫びを発していた。
「そんな………」
クララ達は自分の目を疑った。
ロココはクララ達の到着に気付くこともなく、ただ、ただ涙を流す。
「………どうして………こんなことに………」
ロココの涙がロンの頬に落ちると、
ロンがうっすらと目を開いた。
「ロン!!!」
クララ達がそれに気付き声をかける。
ロココはそれを涙に濡れる哀しげな目で見ているだけだった。
「……………みんな……………」
「……………ごめん……………」
ロンは今にも消えそうな声で、言葉を発する。
「……………俺……………馬鹿な……………ことを……………」
「しっかりして!!ロン!!!」
クララが必死でロンに治療を施す。
「……………クララ……………あったかい……………あり……………がとう……………」
「何いってるの!もう話さないで!!」
「……………俺……………欲しかったの………は………クラ……ラ………」
「…………………………」
クララの目から涙が溢れ出す、そして、理解してしまう。
もう手遅れだということを…
「ロココ……………やっぱり……………勝て……………なかった……………」
「………………ロン」
「なんて…………顔……………悪い…………のは…………俺……………」
ロココはまるで赤ん坊のように泣いていた。
「……………みんな……………ごめん……………」
ロンはもう一度そう言うと、静かに目を閉じた。




数刻前…
空中に広がったその電気の化身はまるで悪魔のようだった。
それが今ロココに襲いかかる。
もしロココが光速を発動しなければ、きっとそこで勝負はついてしまっていただろう。
ブリリアントベロシティ(光加速)を発動しロンの攻撃をかわしたロココは
床に広がる水を車が水たまりの上を走った時のように巻き上げ、
自分自身はそのまま宙に舞う。
電気化したロンの体は、巻き上げられた水にみるみる放電していく。
あっというまに通常の肉体に戻ったロンに
ロココの渾身の一撃が振り下ろされる。
それからは…

ゲルトはロンにこういったのだ
「チカラが欲しくないか?ロココなんて目じゃないぜ、お前なら」
ゲルトは心にスキのある人間を操り、
その人間が持っている能力を限界までひきだすことができる
マリオネットというスキルの持ち主だった。
「何言ってるの!ロン!行きましょう!」
クララはロンの腕を引いたが、ロンはぴくりとも動かなかった。
「………ロン」
クララは気付いていた、ロンが自分に恋心を抱いていることに。
そして、いつもロンがロココを越えられずにいることに、もどかしさを感じていることも。
「……………どうすればロココを越えられる」
ゲルトはニヤリと笑うとこう言った。
「簡単さ、ほんの少しの間、俺の手を握ればいい」
「駄目だ!!ロン!!!コイツは敵だ!!!!」
ナナシがゲルトの前に立ち両手を広げる。
しかし、
バチ!
「な!?」
ナナシはロンのスパークに崩れ落ちる。
「……………ロン……!」
FC2ブログランキング FC2ブログランキングに参加しています!
面白かったり、気に入っていただけたら押して下さい!

テーマ : 創作・オリジナル ジャンル : アニメ・コミック

第18話 覚悟

「いつまでも、受けに回っていても面白くないな…」
今まで攻撃に転ずることのなかったパイロンがついにその拳を振るう。
狙われたのは、コハル。
「このままでも、戦えない訳ではないが、少し息苦しいんでな…」
「させるか!!」
バロックは当然そうさせまいとパイロンに躍りかかる。
バロックの一撃がパイロンに襲いかかる。
「それだ…」
コハルの造り出す真空の中にいたパイロンは、バロックの高速で加速された
攻撃を受けるのではなく、自らを浮かせ、それに飛び乗ったのだ。
パイロンはバロックのアクセレイションのスピードを自らの推進力にかえ、
真空から飛び出す。
その先にいるのは、コハル。
「!!!!!しまった!!」
不用意な自分の攻撃が味方のピンチを招いたことをバロックは瞬時に理解する。
自分の攻撃によって加速されたパイロンに追いつくことは出来ない。
「エイプリル!」
バロックはエイプリルに頼みをつなぐ。
コハルの前に立ちはだかりミラーを展開するエイプリル。
しかし
「そう動くのはわかっていた、しかし、今私は真空の中にいるわけではないぞ」
パイロンは今凄まじいスピードで迫り来る、灼熱の炎と化す。
エイプリルの視界は全てが炎と化したパイロンに覆われる。
エイプリルとコハルが絶望に包まれる。




「どうした、ロココ、ここはファームじゃないんだぜ、
 手を抜いてたら殺られるぞ!」
攻撃に転じたロココではあったが、自分の仲間相手に今だ本気にはなれずにいた。
「どうも、これじゃあ、話になんねえな、
 そうだ、思い出したぜ、
 あん時のこと、
 ………クララだ」
ロココの瞳孔が一気に開く。
「何を考えている!!ロン!!!!」
「決まってんだろ、お前の次はクララを仕留めよう」
ロココは瞬時に全身の血が沸騰するのを感じた。
「本当にもう、今までのロンはいないんだな…」
「やっとその気になったか」
ロココは今初めてロンを自分の敵と理解した。
目の前に立つロンの姿はみるみる巨大な電気の塊に飲み込まれていく。
ロココの体もまたまばゆい光につつまれていく。
ロンは不適な笑いを浮かべていたのだが、
巨大な電気の塊と化したそれをロココが見ることはもうできなかった。
FC2ブログランキング FC2ブログランキングに参加しています!
面白かったり、気に入っていただけたら押して下さい!

テーマ : 創作・オリジナル ジャンル : アニメ・コミック

メインメニュー
第1話(マンガ版)
第2話(マンガ版)
第3話(マンガ版)
第4話(マンガ版)
第5話(マンガ版)
第6話(マンガ版)
第7話(マンガ版)
第8話(マンガ版)
第9話(マンガ版)
第10話(マンガ版)
第11話(マンガ版)
第12話(マンガ版)
第13話(マンガ版)
第14話(マンガ版)
第15話(マンガ版)
第16話(マンガ版) NEW!

第2章
プロローグ
第1話 ヒーロー
第2話 反乱の旗印
第3話 教官
第4話 はじまり
第5話 引き金
第6話 ロミオ
第7話 野性
第8話 突入
第9話 運命
第10話 コンビネーション
第11話 水魔
第12話 足止め
第13話 助っ人
第14話 閃光
第15話 三眼の男
第16話 極炎の宴
第17話 裏切り
第18話 覚悟
第19話 ロン
第20話 仇
第21話 真実の扉
第22話 弟

第1章
プロローグ
第1話 きっかけ
第2話 出会い
第3話 デュエル
第4話 誤算
第5話 決着
第6話 余韻
第7話 密会
第8話 油断は禁物
第9話 兄弟
第10話 涙のむこう
第11話 トリデ
第12話 チカラ
第13話 休息
第14話 決戦の時
第15話 逆転
第16話 軌道
第17話 必殺技
第18話 狂気
第19話 光
第20話 喜びの中
エピローグ

登場人物相関図

その他のイラスト
フィギュア
リンクフリーです!






質問・ご感想・その他

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

コイケタク


絵と物語:コイケタク
自作の漫画と小説を
描いています。
よろしくお願いします。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。