スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2ブログランキング FC2ブログランキングに参加しています!
面白かったり、気に入っていただけたら押して下さい!

第1話 ヒーロー

「あぶない!」
転がるボールを追いかけて子供が道路にとびだす。
すぐそこまでブレーキの音を響かせたトラックが迫っている。
「キキキキキイイイイイイ!!!!」
子供のいた場所を10メートルほど過ぎたところでトラックはやっと停止する。
あたりを静寂がつつみ、子供の追いかけていたボールだけがてんてんと転がっていく…
「危ないぞ、気を付けなきゃ!」
歩道で言葉を失っていた母親の耳に少し離れたところから声が届いた。
そこにはロココに抱えられた少年がいる。
少年も母親もやっと現実に戻った。
母親は子供の無事に…
子供は憧れのヒーローに抱かれていることに…

母親は何度も頭を下げて、子供は目をキラキラさせてロココ達を見送っていた。
「あ~あ~、いつもこういうおいしいところはロココに持ってかれんだよな~」
ロンが憎まれ口をたたくと、
「何いってんの!そういう問題じゃないでしょ!」
それをクララが怒り、
「ははははははは」
ナナシがそれを見て笑った。

ロココ達がファームでの訓練を終えてから、すでに3年の月日がたっていた。
ロココ達スピットファイアの主要メンバーは条件通り、ハイポリスとなるべく、
その後さらに過酷な訓練を2年間受け、今、シティの人々の生活を守り、 ポリスを統べる者として忙しい日々を送っている。
ただ1人、ハンゾウは、その身体能力と特性を買われ、ハイポリスとは違う別の特務組織に配属された。
今は、ロココ・ロン・ナナシ・クララの4人がチームとして行動を共にしている。
ロココはさっきのようなことがあると、いつも思い出す。
自分もああやってグリフに助けられたから、今こうしてハイポリスになれたのだ…
いくぶん大人になったロココの顔には、昔にはなかった落ち着きと、強い決意のようなものがあった。
それを隣で見守るクララは、何とも言えない安心感に包まれていた。
「……ちぇ」
ロンは不満そうだが…

「そういえばロココ聞いた?」
「ん?何?」
「例のウワサだよ」
「だから何?」
「たくさんのエボリューターが集まって何か怪しげな組織を作ってるらしいって話」
「ふうん」
ロココはそう答えてナナシに言い聞かせる
「あくまでウワサだろ!そんなんより俺達にはやることがいっぱいあるんだぞ!」
「うん、まあ、そうだけど~」
サーチのせいだろうか、ナナシはこういうウワサ話がすきなのだ。
しかし、今回の話は…
スポンサーサイト
FC2ブログランキング FC2ブログランキングに参加しています!
面白かったり、気に入っていただけたら押して下さい!

テーマ : 創作・オリジナル ジャンル : アニメ・コミック

コメント

管理者にだけ表示を許可する

メインメニュー
第1話(マンガ版)
第2話(マンガ版)
第3話(マンガ版)
第4話(マンガ版)
第5話(マンガ版)
第6話(マンガ版)
第7話(マンガ版)
第8話(マンガ版)
第9話(マンガ版)
第10話(マンガ版)
第11話(マンガ版)
第12話(マンガ版)
第13話(マンガ版)
第14話(マンガ版)
第15話(マンガ版)
第16話(マンガ版) NEW!

第2章
プロローグ
第1話 ヒーロー
第2話 反乱の旗印
第3話 教官
第4話 はじまり
第5話 引き金
第6話 ロミオ
第7話 野性
第8話 突入
第9話 運命
第10話 コンビネーション
第11話 水魔
第12話 足止め
第13話 助っ人
第14話 閃光
第15話 三眼の男
第16話 極炎の宴
第17話 裏切り
第18話 覚悟
第19話 ロン
第20話 仇
第21話 真実の扉
第22話 弟

第1章
プロローグ
第1話 きっかけ
第2話 出会い
第3話 デュエル
第4話 誤算
第5話 決着
第6話 余韻
第7話 密会
第8話 油断は禁物
第9話 兄弟
第10話 涙のむこう
第11話 トリデ
第12話 チカラ
第13話 休息
第14話 決戦の時
第15話 逆転
第16話 軌道
第17話 必殺技
第18話 狂気
第19話 光
第20話 喜びの中
エピローグ

登場人物相関図

その他のイラスト
フィギュア
リンクフリーです!






質問・ご感想・その他

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

コイケタク


絵と物語:コイケタク
自作の漫画と小説を
描いています。
よろしくお願いします。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。