スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2ブログランキング FC2ブログランキングに参加しています!
面白かったり、気に入っていただけたら押して下さい!

第9話 運命

「どうしたどうした!そんなもんか!ハイポリス!!」
ロミオはロココ翻弄していた。
「くそっ!コイツ…強い!」
ロミオの能力自体はシンプルだった。
高い身体能力と爪と牙…
しかし……………
持ち合わせている基本能力がケタ違いだ、
自分達がデレクワンに受けてきた訓練の意味を今ここで知らされるとは…
ロンとナナシも同じく苦戦している、
恐らくはロココと同じことを考えているだろう。
「ちっくしょお!何なんだこいつらあ!!」
ロンの攻撃は空を切り、巨大な電撃を貯める時間を与えてもらえない。
ナナシは敵の行動を読み、先手を打つことで応戦しているが、
敵のスピードそのものについていけなくなりつつある。
「まずい」
誰もがそう思ったその時だった。
ロココとロミオ、そしてロン、ナナシと敵の間を長い帯のようなものが伸びてきて隔てた。
「これは?」
全員が驚き、それが伸びてきたところに視線を集中させる。
「助けにきたぜ!」
そこにはトノとサコンがいた。
伸びてきたものの正体はサコンの右腕。
「トノ!サコン!!」
ロココ達は純粋に味方の登場に救われた。
「ちっ、厄介なやつらが来たな…」
逆にロミオは歓迎できない敵の登場に表情をゆがませる。
「ロココ、ここはワシらに任せろ、今、センターが何者かに襲撃されている
 急いでもどるんじゃ!」
「何!?センターが!?」
驚きを隠せないロココ達。
「いや、それは俺達がさせない」
ロミオがロココの前にたちはだかる。
「そうか?キサマ、ワシの能力は知っとるんじゃろ?
 たった2人じゃが、無駄死にしにきたと思うか?」
「……………フォーチュンか……………」
予知能力………何人たりともこの能力の前では無力である。
自分にはわからない未来を知ったものの行動にどんな意味があるのか………
「くそっ」
「ハッタリか、それとも………さあ、どうするね?ロミオ?」
実際トノのこの行動はハッタリだった。
ここでこれから起る未来など見てはいない。
だが、ナナシからロミオの名をテレパシーで聞くことで、
今、はじめて会ったはずのロミオの名を口にしたトノの言葉は、あまりに効果的だった。
「さあ、早く戻るのじゃ」
「すまない、トノ」
「ロココ!先に行け、お前だけならすぐに戻れる!
 俺達もすぐに後から行く!!」
アクセレイションを持っているロココに事態を察したロンが先を急がせた。
「わかった!」
そういうとロココは瞬く間に姿を消す。
「お前達も急ぐのじゃ!」
「すまねえ、トノ!サコン!」
「まったく手のかかる奴らだぜ、お前らは」
「そういうなって、サコン」
ロンとナナシもロココの後を追い、トノとサコン、そしてロミオ達がそこに残される。
「………トノ、ロココは耐えられますかね、この先に待っている運命に………」
「………わからん、しかし運命に逆らうことはできん………」
トノとサコンは走って行くロン達を見送りながら、こんな話をした。
「さて、どうしようかの?サコン」
「へえ、なんせノープランですからね」
「このまま引き下がってくれんかの~」
「無理じゃないですか」
「やっぱり?」
ロミオが雄叫びとともに飛びかかる!
「すまんの、サコン」
「それは言わない約束でしょ、トノ」
スポンサーサイト
FC2ブログランキング FC2ブログランキングに参加しています!
面白かったり、気に入っていただけたら押して下さい!

テーマ : 創作・オリジナル ジャンル : アニメ・コミック

コメント

管理者にだけ表示を許可する

おお~!

キマしたね~、小説Ver.!!
文字を読み進めながら、キャラクターの動きや表情を
想像するのも、またなかなか楽しいものです♪

腰は少しずつ良くなってきてるのかな?
くれぐれもご無理なさいませんように~!!

Re: G.D.M.T.さん

あう~挿絵もなくて申し訳ありませんです~
新しい章では新たに10人程のキャラクタが増えます。
G.D.M.T.さんの好きなハンゾウは残念ながらほぼ出番ゼロです。
物語を書いていると、このシーンはこんな感じだな~
コイツの登場はこう~なんて色々実際に絵にする時を想像して
ウキウキします。
また登場人物達をちゃんと絵にしないとですね~
メインメニュー
第1話(マンガ版)
第2話(マンガ版)
第3話(マンガ版)
第4話(マンガ版)
第5話(マンガ版)
第6話(マンガ版)
第7話(マンガ版)
第8話(マンガ版)
第9話(マンガ版)
第10話(マンガ版)
第11話(マンガ版)
第12話(マンガ版)
第13話(マンガ版)
第14話(マンガ版)
第15話(マンガ版)
第16話(マンガ版) NEW!

第2章
プロローグ
第1話 ヒーロー
第2話 反乱の旗印
第3話 教官
第4話 はじまり
第5話 引き金
第6話 ロミオ
第7話 野性
第8話 突入
第9話 運命
第10話 コンビネーション
第11話 水魔
第12話 足止め
第13話 助っ人
第14話 閃光
第15話 三眼の男
第16話 極炎の宴
第17話 裏切り
第18話 覚悟
第19話 ロン
第20話 仇
第21話 真実の扉
第22話 弟

第1章
プロローグ
第1話 きっかけ
第2話 出会い
第3話 デュエル
第4話 誤算
第5話 決着
第6話 余韻
第7話 密会
第8話 油断は禁物
第9話 兄弟
第10話 涙のむこう
第11話 トリデ
第12話 チカラ
第13話 休息
第14話 決戦の時
第15話 逆転
第16話 軌道
第17話 必殺技
第18話 狂気
第19話 光
第20話 喜びの中
エピローグ

登場人物相関図

その他のイラスト
フィギュア
リンクフリーです!






質問・ご感想・その他

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

コイケタク


絵と物語:コイケタク
自作の漫画と小説を
描いています。
よろしくお願いします。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。