スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2ブログランキング FC2ブログランキングに参加しています!
面白かったり、気に入っていただけたら押して下さい!

iPadの感想

iPad

週末に色々とiPadをいじってみました。
それでレビュー?をしてみたいと思います~

僕はiPhoneを使っていないので、すでにiPhoneを持っている方には、
あたりまえのことがとっても新鮮でした。
恐らくは電話のできない大きなiPhoneでしょ、ってのが大半の考えだと思います。

僕がなぜこれは欲しかったのか、それはやはり電子書籍というもののせいです。
自分達もそれが作りたかったから。
それはまだ日本語の電子書籍が全然ないのでこれからに期待します。

使い始めてしばらくは、実は「?」な感じでした。
慣れていないせいもあったのかな、う~ん確かにいいんだけど…
ネットができる。大画面のおかげでPC並みに快適に。
3Gでメールもどこでもチェック。1アカウントソフトバンクがくれます。
検索等の際に表示されるソフトウェアキーボード。
ほほほ、こいつは凄い!横画面にすればほぼフルサイズだ!使いやすい!
デフォルトで搭載されている機能はほかに

●カレンダー
●アドレス帳
●メモ
●地図
●ビデオ
●YouTube
●iTune
●App Store
●写真
●iPod

恐らくは必要最小限に抑えられていると思われます。
どれもとりあえず「何のために?」がすぐわかるツールです。
シンプルさを追求した結果のわかりやすさですね。
ボタンや機能を次から次へと増やすばかりのどこぞのとは
大きく違う優れたデザインです。
使い手のことを本当によく考えてあります。

とりあえず、何かソフトをダウンロードしよう。
CMでも見たぞ、このレーシングゲーム。
ん~やっぱり絵が描きたいからな~日本語のソフトは~
あった、これだ、お絵描パッド。
合わせても2000円以下。購入。

あははははは、レースゲーム面白い。
アクセルとブレーキは不要のハンドリングだけ~でも難しい!
お絵描パッドは~
ふむふむ………あれ?………これ………凄い………
実際にこのソフトを使ってみて初めてiPadのよさを体感しました。
これはまさに僕が求めていたデジタルスケッチブック。
そして、画面の大きさと硬質で丈夫なタッチパネルの良さ。
僕にとっても素晴らしいんですが、
2歳の子供にバンバン遊ばせても全然平気!
「お絵描きする~」って感じ。
無駄にボタンとかないし、強く触るとムニュってなる液晶じゃないし、
アルミの丈夫なボディも頼りがいがある。
「これは…子供向けか?」
外食の際に子供にお絵描きさせる時にはもう紙とクーピーは必要ないな。

良いな!と思ったところはココ!
シンプルさにつきます。
ただシンプルなだけじゃないね、ユーザーのことを本当によく考えている。
不安だからこれもあれもっていう考えじゃなく、
必要じゃないものはとにかく省いて、それでも使いやすくするには
どうすればいいか?っていうことをよく考えている。
問題解決のための正しい道順を知っている。
この端末の売りのアプリに関しても、このシンプルなインターフェイスで
どうユーザーに使わせるかを考えて作らざるを得ない。
結果非常にわかりやすいソフトが出来る。
色んな意味でいい連鎖が産まれている。
今まで触った中でもいちばん使いやすく丈夫なタッチスクリーン。
マルチタッチはやはり革命的。
見た目だけではないデザイン。
バッテリーも問題ないだら。
素晴らしい!の一言に尽きます。
う~んiPhoneなんで買わなかったんだろう~

逆にう~んなところももちろんあるわけで…
カメラがない。
これはやっぱり欲しかったな~iPhoneにあんだからできなかったかな~
どこでもスカイプってのは色んな意味で魅力的だったけど…
この大画面で3G回線じゃまだ無理かな~
きっと第二世代にはつくだろうな~
SDカードスロットが欲しいよ!デフォルトで!
USBは厚みの問題でキビシいかもしんないけど、SDはなんとかなるでしょ~
それから、アプリやiTuneなどでの大容量のダウンロードには
WiFi、つまり無線LAN環境が必要です。3Gではできません。
僕の住んでいる田舎では3Gもあまり速度がでていませんね。
孫さんが回線速度を全国的に向上させることを
Appleと約束したという噂を耳にしたのでそれに期待します。

結論からいえば「とてもよい」です。
僕にとっては致命的に駄目!っていう点はありませんでした。
今後のモバイルPCに大きな変化をもたらすには充分な存在でしょう。
Apple対その他の企業の構図はそのまま
iPad対アンドロイド・ウィンドウズとしてこれから
タブレットPCが世に溢れ、価格競争に奮闘するその他の企業のなかで
Appleがどこまで孤高の存在をつらぬくのか?
面白い未来が待っていそうです!

せっかくなんで、ココはどう?みたいなご質問にはお答えします。
筆者がグラフィックよりなんで、ウィンドウズユーザーの
求めているレビューではなかったと思います。
もし気になることがあればお気軽に~
スポンサーサイト
FC2ブログランキング FC2ブログランキングに参加しています!
面白かったり、気に入っていただけたら押して下さい!

コメント

管理者にだけ表示を許可する

電子書籍

>僕がなぜこれは欲しかったのか、それはやはり電子書籍というもののせいです。

書籍レビューこはる日和としては、

ひっじょーーに気になります。iPad v-353

結論からいうと「とても良い」ですかぁ~
モールエイジさんがおっしゃるなら良いのでしょうね。

今度、拝見しに伺ってもよいでしょうか?


Re: こはるさん

電子書籍は僕の勘違いもあって、すでにぼちぼちでてますね。
ホームページと何が違うのか?
それはこの本体の特徴が…続きはまた記事にします~
見に来ますか?どぞ!
メインメニュー
第1話(マンガ版)
第2話(マンガ版)
第3話(マンガ版)
第4話(マンガ版)
第5話(マンガ版)
第6話(マンガ版)
第7話(マンガ版)
第8話(マンガ版)
第9話(マンガ版)
第10話(マンガ版)
第11話(マンガ版)
第12話(マンガ版)
第13話(マンガ版)
第14話(マンガ版)
第15話(マンガ版)
第16話(マンガ版) NEW!

第2章
プロローグ
第1話 ヒーロー
第2話 反乱の旗印
第3話 教官
第4話 はじまり
第5話 引き金
第6話 ロミオ
第7話 野性
第8話 突入
第9話 運命
第10話 コンビネーション
第11話 水魔
第12話 足止め
第13話 助っ人
第14話 閃光
第15話 三眼の男
第16話 極炎の宴
第17話 裏切り
第18話 覚悟
第19話 ロン
第20話 仇
第21話 真実の扉
第22話 弟

第1章
プロローグ
第1話 きっかけ
第2話 出会い
第3話 デュエル
第4話 誤算
第5話 決着
第6話 余韻
第7話 密会
第8話 油断は禁物
第9話 兄弟
第10話 涙のむこう
第11話 トリデ
第12話 チカラ
第13話 休息
第14話 決戦の時
第15話 逆転
第16話 軌道
第17話 必殺技
第18話 狂気
第19話 光
第20話 喜びの中
エピローグ

登場人物相関図

その他のイラスト
フィギュア
リンクフリーです!






質問・ご感想・その他

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

コイケタク


絵と物語:コイケタク
自作の漫画と小説を
描いています。
よろしくお願いします。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。