スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2ブログランキング FC2ブログランキングに参加しています!
面白かったり、気に入っていただけたら押して下さい!

第6話 余韻

第6話イメージ

ー デュエルの翌日 ー
ロココ達はファームの中央にあるサロンで昨日の勝利に酔いしれていた。
サロンでは敵も味方もなく誰もが休息の時を過ごすことが出来る。
逆に、敵対行為を行った者にはペナルティが課される。
ロココ達主要メンバーはチームを率いる者として他のメンバー達を気にかけ1日の休息を与えていた。
各チームのエボリューターはロココ達のような主要メンバーにあたるAクラスのエボリューターとその他のB・Cクラスのエボリューターに分けられている。
AクラスとBクラスの差は大きく、実際ファームでの訓練を終えてハイポリスになれるのはAクラスのエボリューターだ。
しかし勝利チームに所属していたBクラス以下のエボリューター達にその恩恵がないわけではなく、
ハイポリス直属のポリスとして、敗北したチームよりも上位の所属となる。
この先長い付き合いとなる仲間としてファームではより強い結束力を育てておく必要があるのだ。
メンバー達はこのつかの間の休息に、そして昨日の勝利に皆おおいに盛り上がっていた。
そんなメンバー達を見つめながらロココ達もまた喜びを噛み締めていた。
しかし1人、納得のいっていないものがいる。ロンだ。
カウンターに陣取ったロココ達の中で、ロンだけが明らかにズタボロに近い姿だった。
「いや、勝ったのはもちろん嬉しいよ、たまんないよ。
 でもね、やっぱり俺だけがこんなに損な役回りってのは
  やっぱ若干納得いかないっつーの?なんつーの?ねえ」
納得した上での役回りではあったが、どうやらクズキリのゴム手袋に相当苦しめられたらしい。
「まあまあ、そう言わないで、ロンがいなきゃ昨日の勝ちはなかったってことは
 みーんなわかってるから」
クララがやさしくロンをなだめた。
「まあ、そりゃそうだけどさあ…」ロンも女にやさしくされると言葉がでない。
ロンのすぐ隣にはクズキリ達がいた。
「あんた!いつまでそんなにヘコんでんだよ!
 あんたがそんなじゃ他のメンバーがかわいそうだよ!」
ローズに怒られたクズキリはその大きな体をますます小さくまるめてしまった。
いつもは荒々しく振る舞っているが、根は優しい男だ。
そんな様子を見ていたロンが痛む体で声をかけた。
「ローズの言う通りだぜ、結果は結果だけどあのまま続けてたら俺はお前に負けてたぜ、多分」
俺はお前に負けてた、という一言がひびいたのか、クズキリも少し気を持ち直した。
「そうだな、お前に慰められるのも癪だし、
 俺達もこれで全てが終わりってわけじゃねえしな」
クズキリの顔にいつもの怒り顔にはなかったやさしい笑みが浮かんだ。
「おい!おまえら!昨日は俺がふがいないばかりにすまなかった。
 しかしこれでしばらくは体を休めることができる。
  そのあとはまたポリスとして忙しい日々が待っている。
   みんなこれからも頼むぞ」
クズキリは自分のチームのメンバー達に声をかけた。
メンバー達も元気なクズキリの姿をみて安心した様子で、いつもの騒がしい空気を取り戻した。
「ロココ、俺達はお前達にやぶれたが、まだあと2チーム残っている。
 ここからが正念場だぞ、お前達が勝ち残ることを俺達も望んでいる、がんばれよ」
「ああ、絶対に残ってみせる、約束だ」ロココとクズキリは固く握手をした。
今は敵も味方もない、皆が仲間のようだった。
「ありがとよ、ロン」ローズがロンの隣に座って言うと、
「そんなんじゃねぇよ!」
ロンはほほを赤らめて手にしていたドリンクを一気に飲み干した。
そんなロココ達の様子を離れたところからうかがっている者がいた。
「ロココ達が勝ったか…」
「大体予想通りだな」
「トノのチームはまだ動きがないみたいだな」
「あいつらは人数は少ないが厄介な連中だ、
 先にロココ達をなんとかすることになるだろう」
このファームにおいてもっとも大きな勢力をほこる「カーン」のチーム、
「ブライトンロック」のメンバーだ。
スポンサーサイト
FC2ブログランキング FC2ブログランキングに参加しています!
面白かったり、気に入っていただけたら押して下さい!

テーマ : マンガ ジャンル : アニメ・コミック

コメント

管理者にだけ表示を許可する

メインメニュー
第1話(マンガ版)
第2話(マンガ版)
第3話(マンガ版)
第4話(マンガ版)
第5話(マンガ版)
第6話(マンガ版)
第7話(マンガ版)
第8話(マンガ版)
第9話(マンガ版)
第10話(マンガ版)
第11話(マンガ版)
第12話(マンガ版)
第13話(マンガ版)
第14話(マンガ版)
第15話(マンガ版)
第16話(マンガ版) NEW!

第2章
プロローグ
第1話 ヒーロー
第2話 反乱の旗印
第3話 教官
第4話 はじまり
第5話 引き金
第6話 ロミオ
第7話 野性
第8話 突入
第9話 運命
第10話 コンビネーション
第11話 水魔
第12話 足止め
第13話 助っ人
第14話 閃光
第15話 三眼の男
第16話 極炎の宴
第17話 裏切り
第18話 覚悟
第19話 ロン
第20話 仇
第21話 真実の扉
第22話 弟

第1章
プロローグ
第1話 きっかけ
第2話 出会い
第3話 デュエル
第4話 誤算
第5話 決着
第6話 余韻
第7話 密会
第8話 油断は禁物
第9話 兄弟
第10話 涙のむこう
第11話 トリデ
第12話 チカラ
第13話 休息
第14話 決戦の時
第15話 逆転
第16話 軌道
第17話 必殺技
第18話 狂気
第19話 光
第20話 喜びの中
エピローグ

登場人物相関図

その他のイラスト
フィギュア
リンクフリーです!






質問・ご感想・その他

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

コイケタク


絵と物語:コイケタク
自作の漫画と小説を
描いています。
よろしくお願いします。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。