スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2ブログランキング FC2ブログランキングに参加しています!
面白かったり、気に入っていただけたら押して下さい!

第14話 決戦の時


「トリデがリタイアしたぞ…」
「どういうことだ?」
「わからない、しかしこれでやっかいなチームが消えた…」
「残っているのはスピットファイアだけだ」
「そろそろ動くか…」


ロココ達のアジトはあわただしかった。
ついにブライトンロックからデュエルの申し込みがあったのだ。
先のトリデとの一件でチームの戦力は今が最も充実していると考えたロココはこれを受けた。
「今回のデュエルはきっと今までで一番厳しい戦いになるぞ、
 こういっちゃ何だが、ロックハートとのデュエルとは比較にならないはずだ」
「だろうな…」
ロココの言葉にハンゾウが同意する。
「向こうは戦力で上回っていると過信しているはずだ、
 今まで動かなかったのは無駄なデュエルをせずにこの状況になるまで待って
 おいしい所を持っていこうってことだろう」
「Aクラスが4人いるのは確かなんだ、バラけて戦うのはまずい。
 どこかで圧倒的不利が発生する」
ロココとハンゾウの意見にロンが答えを出す。
「俺とハンゾウとナナシの3人でAクラス4人の相手をする、
 ロココ、お前は“カーン”をやれ、
 両方で勝てば勝ち、負ければ負け、戦力の比率はこの際関係ない、
 勝つか負けるかだ」
ロココもハンゾウも、そしてナナシも異論はなかった。
「よし、それでいくぞ」
話は思いのほか早くまとまった。
戦力に差がある分、劣っているロココ達は潔い戦術を選ぶしかなかったのだ。
あとは向こうが乗ってくるか…
「まだ奴らの指定したデュエルの日までしばらくある、
 これからは各自デュエルに備えてくれ」
「わかった」
トノはスピットファイアとブライトンロックが戦っている未来を見たと言ったが、
どっちが勝ったとは言わなかった。
果たして勝つのは…


ー 5日後 ケイブフィールド ー

ケイブフィールドは巨大な洞窟である。
ロココ達がモーラと出会ったような細い一本道の洞窟ではなく、
ホールの様に巨大な洞窟を細い洞窟が蟻の巣のように繋いでいる。
戦力を2つに分断するロココ達には都合のいいフィールドといえる。
すでにB・Cクラスの混戦は始まっていた。
ロココが相手をするブライトンロックのリーダー“カーン”は
このファームにいるエボリューターの中でクズキリに次ぐ巨体を持つ。
そしてスキル「リボルバー」の持ち主。
体の末端を打ち出すこの能力は、その巨体と相まって強力な破壊力を持つ。
打ち出した体の部位が大きければ大きいほど破壊力が高いからだ。
デメリットは打ち出した部位が大きいほど再生に時間がかかるということ。
そしてロン達が相手にするのは、
ゲルト・ナズナ・ゲンナイ・バルスの4人。
ナズナはスキル“インビジブル”の持ち主で体を完全に透明にできる。
ゲンナイはスキル“フォーハンド”の持ち主、そのスキルの名の通り4本の腕を持つ。
バルスはスキル“パルス”の持ち主、あらゆるものに強力な衝撃波を伝わせる。
そしてゲルト。
“フィクサー”という天才策略家という変わったスキルの持ち主。
この4人にロン達は3人で挑む。
作戦通りロン達はロココと離れ、手頃な広さの洞窟で敵を待つ。
果たして敵はどう動くのか…
「ナナシ、どうだ?敵の気配はあるか?」
ハンゾウが聞くとナナシは答えた。
「ああ、もうすでにすぐそばに一人いる」
「ナズナか…」
何もない空間から女の声が響く。
「なるほどねえ、リーダーはリーダー同士、子分は子分同士ってことかい」
「きたぞ!」
ロン達のいる洞窟に、ゲルト・ゲンナイ・バルスの3人も姿を現した。
「よし!もうやるっきゃねえ!!」
「行くぞ!」
スポンサーサイト
FC2ブログランキング FC2ブログランキングに参加しています!
面白かったり、気に入っていただけたら押して下さい!

テーマ : マンガ ジャンル : アニメ・コミック

コメント

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは!

おおっ、また2話追加されてるっ!ペース速いですねえ。
で、早速拝読っと……ワ~オ!いよいよ決戦の時来たる!
ますます熱い展開にワクワクでっす♪

なにやら夏休みの目標をいっぱい課しちゃいましたねえ…( ̄ロ ̄lll)
いつも全力投球で頑張り屋のモールエイジさんらしいですが、
どうぞあまり根を詰めすぎませんように。
…といいつつ、立体物に興味津々だったりして(←鬼)。

あ、道具論。まったくもって同感です!

Re: G.D.M.Tさん

じつは話のほうは1章書きあがってるんですよ。
ケチケチ小出しにしてるんです。
ええ、立体にしました。考えてみたら家にはMacなかった…
ははは…
ゼロからフィギュアを作るのもほぼ初めてです。
いやあ、楽しみ!
メインメニュー
第1話(マンガ版)
第2話(マンガ版)
第3話(マンガ版)
第4話(マンガ版)
第5話(マンガ版)
第6話(マンガ版)
第7話(マンガ版)
第8話(マンガ版)
第9話(マンガ版)
第10話(マンガ版)
第11話(マンガ版)
第12話(マンガ版)
第13話(マンガ版)
第14話(マンガ版)
第15話(マンガ版)
第16話(マンガ版) NEW!

第2章
プロローグ
第1話 ヒーロー
第2話 反乱の旗印
第3話 教官
第4話 はじまり
第5話 引き金
第6話 ロミオ
第7話 野性
第8話 突入
第9話 運命
第10話 コンビネーション
第11話 水魔
第12話 足止め
第13話 助っ人
第14話 閃光
第15話 三眼の男
第16話 極炎の宴
第17話 裏切り
第18話 覚悟
第19話 ロン
第20話 仇
第21話 真実の扉
第22話 弟

第1章
プロローグ
第1話 きっかけ
第2話 出会い
第3話 デュエル
第4話 誤算
第5話 決着
第6話 余韻
第7話 密会
第8話 油断は禁物
第9話 兄弟
第10話 涙のむこう
第11話 トリデ
第12話 チカラ
第13話 休息
第14話 決戦の時
第15話 逆転
第16話 軌道
第17話 必殺技
第18話 狂気
第19話 光
第20話 喜びの中
エピローグ

登場人物相関図

その他のイラスト
フィギュア
リンクフリーです!






質問・ご感想・その他

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
プロフィール

コイケタク


絵と物語:コイケタク
自作の漫画と小説を
描いています。
よろしくお願いします。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。